受託だけではいやな循環にはまってしまう話

============================================================

「時間がない、時間がない、時間がない」

受託の割合を減らして自社の事業を始めれば時間に余裕が持てるようになります。

============================================================

システム開発、デザイン、ライティング。これらのお仕事は昨今のIT化に伴って仕事が増えている。

デザインは昔はチラシデザインだけでしたが今はWebデザインがある。

ライティングは昔は本や雑誌の執筆だけだったが、今はオンラインライティングがある。

システム開発は言わずもがなだ。

IT化がお仕事を作った3職種と言ってもいいと思う。

システム開発、デザイン、ライティングのお仕事の8割は受託だ。

受託とはお客様からお仕事を発注してもらい、成果物を納めて仕事が完了するので、完了した時の喜びはあるが、とても責任が重大で大変なお仕事と言える。

その理由は成果物を納めて仕事が完了するので、お客様が完了と言うまでは仕事が終わらないということ。

「成果物を納めましたのでこれにてお仕事は終わりです。ありがとうございました。」

この一言がない限りは永遠にお仕事は終わりません。

なので「この機能はやっぱりこうして」とか、「デザインのベースは赤じゃなくてオレンジに変更して」とか、「文章が硬いので柔らかく」などと言われれば修正をする必要が出てくる。

お客様がYESというまで終わらないお仕事。

修正のたびに時間を使うので時間当たりの売上高は修正が入るたびに減ってしまう。

依頼を受けたものをやり続ける、つまり受託はお客様の言い分を受け入れなきゃいけない(全部ではない)ので受託ばかりやっていると時間の余裕が持てなくなり、新しいビジネスも始められない。

受託の悪循環にはまり込んでしまう。

もちろん、お金をもらう以上は最大限のパフォーマンスを発揮して、品質の良い成果物をお納めする必要がある。

それは仕事として当たり前のことだが、限度があり限度が分からないお客様もいる。

ただこれは変えられることではないので、受託だけを行っている会社は積極的に自社サービスや自社が発注元になる様な事業を考えていく必要があると思う。

商品を自分たちで開発する、商品を仕入れて売る、投資する、何でもいいと思うが受託ではなく自らが主体となる事業を生んでいかないと受託の悪循環からは抜け出せなくなる。

マルチタスクに挫折した人はマルチタスク脳にする訓練をすればいいと思った話

—————————————————————————————————-

同時に複数のタスクをこなせずに悩んだ経験はありますか。

マルチタスクは簡単ではないですが、訓練でできるようになります。

このページではマルチタスクをあきらめた人にどのように鍛えればマルチタスクができるようになるかをお伝えします。

読み終えたらさっそく訓練をはじめてマルチタスク生活を始めましょう。

—————————————————————————————————-

「1つのことしかできないのか?」

昔、父親に言われた記憶がある。

なんのことだったかは忘れたが、同時に複数の事をするのがベターなのだろうと小さいころから感じていた。

父親の例を出したが、これは比較的にどんな職場でも上司に言われた経験がある方は多いのではないだろうか。

同時に複数の事をする、今の言葉で言うとマルチタスクだが、仕事ができる人は総じてマルチタスクができる。

仕事ができるという定義は一言で言うと生産性だ。

同じ時間でだれよりもたくさんのタスクをこなすことと言い換えることもできる。

マルチタスクが苦手な人は脳が原因

マルチタスクが苦手な人はどうやら脳の使い方に原因があるのでなかなかうまくできないらしい。

マルチタスクというと同時並行的に進めるので脳みそも同時進行で処理をするようにイメージしがちだが実際は違う。

タスクが切り替わる度に脳もパチ、パチっと切り替わっているらしい。

あくまで脳は一方通行の使い方なので、実は脳はマルチタスクがあまり得意ではない。

じゃあどうすればいいのか。

脳はマルチタスクが苦手かもしれないが、マルチタスクができている人もいる。

それは無意識にもしくは意識的に鍛えているからだろう。

マルチタスク脳は鍛えることができる

マルチタスク脳はきたえることができるので、つまり誰でもマルチタスク脳になれる。

難しい内容でもないし、高額な道具を使うわけでもない。

単純にトレーニングをするだけ。

そうすれば管理職クラスだって新入社員だってマルチタスク脳になれる。

高齢者や小学生だってマルチタスク脳になれる。

マルチタスクの鍛え方

それではマルチタスク脳の鍛え方を紹介しようと思う。

マルチタスク脳が手に入れば仕事が効率的にできるようになるのでぜひ身につけておきたいところ。

それではさっそくマルチタスクの鍛え方を紹介する。

マルチタスク能力を鍛える ~実践編~

マルチタスクを実践するにはまずタスクを詳細に整理することから始める。

タスクが10件なのか、20件なのかで力の入れ具合もスケジュールも変わってくるからだ。

タスクは「〇〇に△△の件でメールする」、「□□案件のログイン機能の詳細設計書を作成する」など詳細に整理した方がゴールが見えやすいのでサクサク進む。「〇〇にメールする」だと何についてメールするんだっけ?と考える必要が出てくるのでタスクを詳細まで整理することはとても重要。

次に難易度の高いタスクと難易度の低いタスクに割り振ること

難易度が高いタスクをマルチタスク処理してしまうと完成度が低くなってしまう、反対に難易度の低いタスクをマルチタスク処理してしまうと反対に時間が余ってしまうなど、時間を効率的に使えないので難易度が高いタスクと難易度が低いタスクを同時に処理します。

例えば、さきほどの「〇〇に△△の件でメールする」、「□□案件のログイン機能の詳細設計書を作成する」で言えば、メールするは難易度が低いけれど詳細設計書の作成は難易度が高いのでマルチで処理できる。(このあたりは個人による)

マルチタスクはやり方に慣れる事、どうすればマルチタスクできるかを考えて実践する事が大事だ。

特別な技術ではないので考え方(脳)を訓練しましょう。きっとできるようになるはず。

GAFAよりもCiscoがつよい理由

GAFAという言葉が大手IT企業の代名詞になっているが、GAFAよりもCiscoが実は最強のIT企業なのではないかと常々思っている。

「GoogleでAIの研究がしたい」

「Amazonでアプリケーションを作るのが夢」

こんな願望はよく聞く。

実際、GAFAが提供するアプリケーションは人々の生活に根付いている。

プライベートでも使うし、仕事でも使う。

でもCiscoが最強なんじゃないかと思う。

IT界隈の方ならCiscoと言えばわかるはず。

言わずと知れた大手のネットワーク機器メーカーだ。

自前の端末からインターネットにつなげたり、逆に遮断したり、社内のネットワーク環境を構築したりで、その役目はネットワーク全般で多岐にわたる。

Ciscoが仮に

「GAFAは目立ちすぎなのでGAFAのサイトにアクセスできないFireWall挟みますね」

とか言おうものなら、GAFAにアクセスができなくなる。

GAFAはオンラインアプリケーションが主戦場なのでインターネットがなければ価値はほぼゼロ。

地味だが時価総額世界一になったことも

Ciscoは基本的に地味だ。

ネットワーク機器同様、あまり表に出たがらないタイプの会社。

そのためエンジニア以外では知らない人が多いし、アプリケーションエンジニアで知らない人もいると思う。

「Oracleは知っているけどCiscoは知らない。」ぐらいの知名度レベル。

だから、あまり話題にすらならない企業だが、Ciscoは過去、2000年に時価総額で世界一になったこともあるぐらい市場価値はある。

GAFAが脚光を浴びているが、ネットワークというコネクトする分野で圧倒的に売上1位のCiscoこそが最強のIT企業だと思っている。